ハート模様の指輪

結婚指輪とは

結婚指輪は、一般的には婚約が済んで、結婚式を控えているカップルが購入するものです。日本が発祥ではなく、海外で永遠の誓いの意味を込めて行われていた儀式が、明治時代になって日本に伝わり、今に至っています。

» もっと読む

大事に身につける

結婚は、お互いが了承して初めて交わされる約束です。
その約束の証に身につけるのが結婚指輪で、日本では結婚指輪を身につけるのが一般的になっています。
結婚するときに購入する指輪には、婚約指輪と結婚指輪の2種類があります。
今は一つにまとめている人もいますが、元々はプロポーズのときに婚約指輪、結婚式のときに結婚指輪と分けて渡すものでした。
どちらも、結婚後も身につけることになるものなので、シンプルなデザインが人気となっています。

結婚指輪と婚約指輪がありますが、両方とも重視してお金をかける人もいれば、どちらかを重視して購入する人がいます。
どちらも永遠の誓いを交わすものとして、重要視していきたいものになります。
現在、様々な指輪が販売されていますが、シンプルなものではなく、個性的なデザインにしたいというカップルも増えてきています。
木目金という技術で作られた指輪の人気が高まってきています。
他にも、夫婦の指輪を合わせると、模様が浮かび上がるといったものもあります。

結婚指輪や婚約指輪には、選び方があります。
様々なブランドの資料請求をして、写真を見てから考える方法もあります。
実際にジュエリー店に行って、様々な指輪を試着してから判断することも出来ます。
インターネットで簡単に調べることも出来るので、ジュエリー店に行く前に見て話し合うことが出来ます。
指輪の中でも、結婚指輪や婚約指輪は大きな買い物になるので、慎重に選んでいきましょう。

購入時のポイント

結婚指輪を購入するときには、どういった素材にしたいのかを選ぶことから始めましょう。同時に、購入する2人の意見や価値観が一致していないといけません。また、デザインもとても重要です。

» もっと読む

お店に行く

結婚指輪を販売しているジュエリー店はたくさんあります。そのお店にしかないブランドのものもあります。指輪だけでなく、購入するジュエリー店もきちんと選ぶ必要があります。

購入後のこと

結婚指輪を購入してから、ずっと指のサイズが同じ人もいれば、体型の変化で変わる人もいます。また、購入後に何らかの事情で壊れる可能性もあります。購入後のことも考えておく必要があります。

ページの上部へ